2021年6月まで開催は中止です。


2013年3月10日日曜日

福岡市中央卸売市場 鮮魚市場 マグロの解体ショー


もし、お役に立ちましたら ポチッ とお願いします。

福岡市 ブログランキングへ

福岡市中央卸売市場 鮮魚市場 マグロの解体ショー


市民感謝デー の人気企画です。

9:30~ ですが9:30には人で一杯になって良く見えません。
事前に前列の椅子に座って観覧する事をお勧めします。


9時の開店直後から陣取っておられる方もいます。



9:30の開始まではマグロはこの様な状態で吊るされています。
マグロと一緒に記念撮影出来ます。
(以前はマグロではなくマンボーが吊るしてある時もありました。
係の方がいるのでシャッターを押してもらえます)



産地や大きさはその時々で変わります。


2019年以前 マグロ解体ショーのマグロ


2019年 4月13日 マグロ解体ショー より





解体に使う包丁はご覧の通り大きいです。






吊るしてあったマグロは3,4人位で

抱えて台にのせます。






解体が始まります。


最初は尾ひれを切り落とします。


尾ひれは硬いため包丁でも

落とせますが刃が欠けるため

ノコギリを使用します。






観客の子供に切らせてくれます。






尾ひれ、大トロなどの希少部位は

その場で販売されます。


尾ひれはじゃんけん
大トロはオークションで

購入者を決めていました。








尾ひれは各1,000円です。


じゃんけんで購入者を決まます。





大トロは2個有りました。
大きい方は11,000円で落札されていました。






あの大きなマグロがあっと言う間に

どんどん小さな柵になっていきます。





骨だけになった背骨は2,000円でした。


マグロの中落が沢山とれます。
 






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マグロ解体ショーのマグロ

2020年2月8日

高知県産日の出まぐろ  65.8k





2020年1月11日

長崎県対馬産本マグロ  66.6k






⇒ 福岡市中央卸売市場 鮮魚市場 市民感謝デー 目次 へ 戻る